忍者ブログ
第三章 遠吠えは闇に木霊する
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

優しく育てられた日々も束の間
すべては屠られるため 人の罪を背負うため
山羊に生まれた自分を連れて 歩く背中は何も語らず

それが生きるということか

緩めた手綱を振り切って 背中に瘤ある牛が逃げる
人の言いなりになる日もこれで 最後となることを願わんばかりに

それが生きるということか

生まれた子猫をそろってみんな 人の気ままが奪い去る
乳をやることもじゃれつく姿を疎ましく思うことも
今となってはもうできぬ

それが生きるということか

自立のできぬ唐辛子の茎が 支えを失って倒れていく
花をつけることもままならぬまま
大地に小さな弧を描きながら

それが生きるということか

痩せた実の落花生が束になって運ばれていく
どこへ行くとも分からなぬままに
大地の匂いを漂わせながら

これが生きるということか
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [21] [20]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/12 zeal]
[11/12 アオーンっ!]
[10/08 風]
[09/24 kaede]
[02/04 zeal]
プロフィール
HN:
zeal
HP:
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone