忍者ブログ
第三章 遠吠えは闇に木霊する
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 テレビのニュースが伝えるところによれば、インドネシアの警察の犯罪検挙率は30%だと言う。これが事実だとすれば犯罪に手を染めた者の内、7割もの人間がその罪を問われる事もなく、その後ものうのうと普通の生活を続けていることになる。しばしば起こる強盗やバラバラ殺人などの重大犯罪を見ていても、その後に犯人を捕まえたという話を聞くことのないまま忘却の彼方となってしまう事件は少なくない。ましてや軽犯罪ともなれば言わずもがなである。だからこの検挙率には感覚的に頷けるところがあるし、本当はもっと少ないのではと勘繰ってさえしまう。いずれにせよ地道に働いたところで高が知れた人生。逮捕される可能性よりも遥かに高い確率で逃げおおせるのだったら一発逆転、いっちょやったろか的な発想を持つ人間が出てくるとしても不思議ではない。
 未解決事件の多さや警察権力に対する不信感からなのか、一般市民による現行犯への自主的かつ積極的な鉄拳制裁も後を絶たない。近隣住民の手によって捕まった窃盗犯が警察官の到着を待つ間に集団暴行を受けるなんてことはここでは珍しくもないし、その結果として容疑者が失明したり、半身不随になったり、時には死んでしまうことすらある。ほとんどの場合、後からのこのこやって来た警察官は住民の間に割って入って、ボロクズのようになった容疑者をひきずるように署へ連行するばかりで、リンチの加害者となった住民へのお咎めはない。窃盗事件が誘発する形となった暴行事件がそこでは発生しているにも関わらず、である。
 常日頃から横柄な態度で市民に接し、その割には成果の乏しい警察に正義を求めることは馬鹿げた話なのかもしれない。けれども、一般道で無闇やたらに市民を足止めして、難癖をつけては小銭を搾取している暇があったら、少しでも多くの事件を解決に導いて欲しいと思う。警察権が正当に行使されるようになれば、社会の歪みにだって少しは歯止めを掛けられるだろうから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
警察への不信感から住民が制裁するというより、住民自治の強さに警察が手出しできないのだと、私は理解しています…。日本も警察がちゃんと機能するようになるまで(明治以前)はそんな感じではなかったかと…。
冨岡三智@ジョグジャ 2011/10/29_Sat_:47:26 編集
無題
ここで私が問題にしているのは、警察権が機能しているかどうかについてです。住民自治の強さを理由に警察が手を出せない、あるいは手を拱いているというのであれば、それこそ警察権が正しく機能していない証拠ではないでしょうか。

警察権に限らず、どんな権力でも真っ当に行使されれば社会は多少なりとも良くなるんでしょうけど。もっともこれはインドネシアに限った話ではありませんが。

コメントありがとうございました。
zeal 2011/10/29_Sat_:28:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/12 zeal]
[11/12 アオーンっ!]
[10/08 風]
[09/24 kaede]
[02/04 zeal]
プロフィール
HN:
zeal
HP:
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone