忍者ブログ
第三章 遠吠えは闇に木霊する
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 通り掛ったイスラム寺院の前には人だかりが出来ている。少し遠巻きに眺める人々の視線の先には一匹の山羊。寄り添うようにして立つ男は、もがく山羊を押さえつけると、地面に穿たれた穴の上にその首を差し出す。刃物が首筋に突きたてられる。その一部始終を恐々と、けれども熱っぽく見詰める男の子がいる。奇妙な方向に首を傾げた山羊が力なく引きずられていく。地面には絵の具をこぼしたような鮮やかな赤が残る。しかしそれも次第に黒ずんでいく。寺院の前には頭のない山羊が既に数匹吊るされている。まだ精気を失っていない、どこかねっとりとした生温かい臭いが辺りに漂っている。それは屠られた動物が最後に放つ、生きていたことの証だ。

 預言者イブラヒムは息子イスマイルを唯一神アッラーに生贄として捧げることを決意する。イスマイルもそれが神託であることを知ると、進んで自らの運命を受け入れる。自分の息子を手に掛けようとしたまさにその時、イブラヒムは新たな神託を得る。「お前の息子の代わりにその山羊を殺すように」との。二人の揺るぎない信仰を前に、神がイスマイルの代わりとなる山羊を与えてくれたのだ。イドゥル・アドハとはこの話に由来するイスラムの犠牲祭で、毎年イスラム暦の12月10日に催される。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/12 zeal]
[11/12 アオーンっ!]
[10/08 風]
[09/24 kaede]
[02/04 zeal]
プロフィール
HN:
zeal
HP:
性別:
男性
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone